日本人がかかりやすいがんの部位とは

男女ともに高い罹患率のある肺がん

がんは発症した部位によって、名前がそれぞれ変化します。日本人の死因の多くを占めるがんですが、そんながんの中でも、特に罹患率が多いとされているのが肺がんです。肺がんは喫煙者を中心に多くの方が罹患しており、男女ともに発症数が多い点が特徴となっています。

食生活や喫煙によって発症する胃がん

胃が発症してしまう胃がんは、乱れた食生活を送っている方が発症しやすいがんとなっています。塩分の高いお菓子や辛いもの、アルコール類を大量に食べる生活を続けていると、胃がんを発症するリスクも高くなってしまうのです。

ストレスを抱えた方に多い大腸がん

「腸は第二の脳」という言葉が最近では通説になっていますが、こう言われる要因の一つには、腸が精神的な影響を受けやすい部位であることが挙げられます。日本人は大腸がんを発症する方も多いですが、その要因の一つはストレス社会にあるでしょう。

お酒好きは要注意!気付かず発症する肝臓がん

お酒を飲みすぎてしまうと、肝臓に負担がかかり肝臓がんになってしまう可能性があります。肝臓がんの恐ろしい点は「気づきにくく、手遅れになりやすい」点で、目立った自覚症状が出るのは症状がかなり進行してからです。

女性が発症してしまう、女性特有のがん

女性は上記のがんに加えて、「乳がん」「子宮頸がん」という2つのがんの発症率が高いことでも知られています。これらのがんは特定健診を受けられるよう国や自治体で制度が設けられているので、最近では比較的早い段階での発見が可能となっています。

がんに対する対抗措置は様々

このように様々な要因によって、部位ごとのがんが発症してしまいます。しかし現在では治療方法も増えているため、以前に比べてがんの脅威は格段に低めになっていると言えるでしょう。抗がん剤を使用する治療や免疫療法、サプリメントを用いた予防など、がんに対して行える処置は様々です。

がんに対してとることが出来る措置とは

病院で受けられるポピュラーながん治療

がんは命にかかわる恐ろしい病気ですが、治療法が確立されている病気でもあります。一般的に、病院での抗がん剤治療や手術による罹患部位切除で進行を食い止めることが可能でしょう。ただし、これらのがん治療には少なからず副作用も存在しています。

体への負担を極力少なくする治療

副作用の少ないがん治療も登場しています。それは、自身の免疫力を強化することでがんを治療する、免疫療法と呼ばれる治療法です。免疫療法は抗がん剤治療に比べると時間はかかるものの、体に掛かる負担が少ないことから人気となっています。

生活の中からがんを改善する

がんを発症しないためには、予防が一番大切になります。禁煙する、食生活を改善するといった生活面でのがん予防によって、がんの発症を抑えることが可能でしょう。また、プロポリスをはじめとした抗がん作用の期待できるサプリメントなども利用することで、発症するリスクを下げることが可能になります。

かぜからがんまで予防します!プロポリス

がんを防ぐために出来ることとは

カウンセリング

一番大切なことは予防すること

がんにならないためには、がん予防に努めることも大切です。がんを予防するためには、飲酒や喫煙を避け食事にも気を配りましょう。癌になってしまった場合には、大まかに分類して4つの治療を受けることが出来ます。

READ MORE
女性

健康美容共に高い効果を発揮する

抗がん作用が注目されているプロポリスですが、それ以外にも健康や美容に効果的な様々な成分が配合されています。人間の体を動かすのに欠かせないアミノ酸や、アレルギーなどに効果的なフラボノイドなどを取り入れることも可能なのです。

READ MORE
はちみつ

環境に応じて内容が変化するプロポリス

原産地によって、プロポリスに含まれる栄養成分は変化します。ミツバチの巣の周辺に自生する植物が変わると、プロポリスの内容物も大きく変化するのです。一般的に高い評判となっているのが、ブラジル産のプロポリスです。

READ MORE
広告募集中